archive

category

  • カテゴリーなし

calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

がんについて

今、日本では死因の原因トップが悪性腫瘍、がんによるものであると言われています。抗癌対策は古代から続いていて、予防策としては様々な意見を飛び交わせて、生活習慣をしっかり考える事で防げるとまで言われるようになり、少しずつでも前に進んでいるようです。
しかし、一度発がんしてしまうと、その発がん頻度によって、悪性腫瘍の切除手術、抗がん剤治療、放射線治療等を行う必要が出てきます。

まだ発がん頻度が軽度のものなら、悪性腫瘍の切除手術をして、医療用機器のレントゲンやエコー、MRI等で経過観察して、再発がなければ日常生活が過ごせます。
しかし、状況的に切除手術が出来ない人や、がんの進行が早く、すでに転移まで進んでいる人は、抗がん剤治療か、放射線治療を受けることになります。
抗がん剤になると、副作用がひどく脱毛により医療用帽子を常に被る生活になります。ガン研究センターとかで帽子をかぶっている人が多いのもおそらく抗がん剤治療の結果でしょう。
抗がん剤の副作用はかなり強いものが多く、無毛状態になる事が過半数で、医療用帽子で頭皮を守る必要が出てくるのです。治療によってのダメージ軽減に医療用毛付きニット帽子など柔らかくてかぶり心地がいいものも多く販売しています。

がんの発見は主に健康診断などで使われる医療用放射線機器レントゲンで発覚、MRIで確定する事が多く、発覚と同時に次の計画にすぐさま入り、出来る限り早い対処に向かいます。
がん細胞の増殖スピードから次の段階に進むまでは個人差がありますが、医者が発見してから治療までの対応力の速さが、より抗がん対応として力を発揮する事があるからです。

OUT LINK